審査期間

キャッシングでの最大利用限度額

キャッシングを利用したいと思った時には希望した借り入れ金額を借りることができないことがあります。
逆にキャッシングで借入希望額以上の金額を利用できる場合もあります。
このようなキャッシング最大利用限度額はどのように決められるのでしょうか。

まず、借り入れができる金額は年収によって決まることを知っておく必要があります。
今までは借り入れ額は借り入れ先によって多少の差がありました。
しかし、今は総量規制というルールがあるためどこで借りようとも最大利用限度額は同じ金額の場合がほとんどです。

総量規制とは個人の借入総額が年収の3分の1までに制限されるというものです。
これは貸金業法によって定められたものなので、違反してお金を貸してしまうと企業側が法律違反となってしまいます。
もちろん、総量規制の対象外もあります。
たとえば、借り入れ希望者が個人事業主で事業を行うための借り入れであれば総量規制の対象外となります。

総量規制で年収の3分の1とされているのに年収の3分の1以下の金額しか借り入れできないこともあります。
たとえば、すでに借り入れをしている場合はその金額も総量規制の範囲に含まれます。
総量規制では複数の会社で借り入れをした場合、その総額が年収の3分の1以下でなければならないのです。
そのため、他社での借り入れがあればその金額が差し引かれた分しか借り入れできないのです。

また、他社での借り入れがなくても50万円までしか借り入れできないこともあります。
それは、インターネットで申し込みをして即日借り入れを希望した場合です。
この場合は年収に関係なく限度額が50万円になることが多いようです。

もちろん、これらに該当しなくても年収の3分の1以下の金額しか借り入れができないこともあります。
それは、年収以外の個人情報での審査結果です。
たとえば、年収はある程度の金額を稼いでいても雇用形態がパートタイマーであると審査に影響します。
また、勤続年数や現在の住居の居住年数が短い場合も審査に影響するようです。

Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.