審査期間

収入が多くない場合のキャッシング

収入が少ないとどうしてもお金がないという危機的状況に陥りがちです。
それは、収入が少ないとやりくりが大変でなかなか貯金が難しいためです。
さらに、急に仕事を休まなければならなくなったり、家族が病気になって治療費を出さなければならなくなったとかということも起こるかもしれません。
このように蓄えがほとんどない時に急にまとまったお金が必要になることはないとは言えません。
そのため、収入が少なくてもキャッシングを利用する場面がある可能性もあるのです。
では、キャッシングは収入が少ない人でも利用できるのでしょうか。

まず、収入が少なくてもキャッシングを利用すること自体は可能です。
しかしいくつか条件がある場合があります。
まずは年収ですがこれは借り入れ先によって異なります。
銀行系カードローンの場合は年収条件があることも多いです。
最低年収の基準は200万円以上とか400万円以上とかその基準は会社により異なります。
ただ、最近では多くの会社で挙げられている条件が『継続安定した年収』とされています。
つまり、継続的に収入が安定していれば借り入れ可能と判断されると言うことです。

収入が少ない理由がパートやアルバイトのように雇用形態にある場合は消費者金融系の方が借りやすいです。
もちろん、安定した収入があることやブラックリストに載っていないといった条件も付きますがパートやアルバイトでも審査に通りやすいです。
これは自営業の人にもあてはまります。

このように収入が少なくても借り入れができる人も多くいるのですが気を付けなければならないことがあります。
それは、返済のことです。
月々の収入が少ない人が借り入れをすると言うことは少ない収入の中から返済をしなければなりません。
もちろん、近いうちに臨時収入が見込める場合はそれを使って返済すればよいので問題ありません。
しかし、そうでない場合には月々の収入から返済のお金を用意しなければなりません。
月々の支払いが少なければ返済期間が長くなります。
そうすれば支払う利息も増えてしまいます。
返済計画がきちんと立てられる金額を借りるよう気を付けましょう。


Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.