審査期間

キャッシングの審査に関する基礎

キャッシングを受けるときには個人情報を提出後、審査を受けることになります。
これは、店舗での申し込みをしてもインターネットでの申し込みをしても必ず行われます。
この審査を受けたのち、キャッシングの利用の可否や利用可能な金額が提示されます。
では、この審査とは具体的にどのようなことがされるのでしょうか。

キャッシングの申し込みをするときには様々な個人情報を提出します。
氏名や生年月日、住所と言った基本的なこと以外にも年収や勤務先と勤続年数、持家かどうか、他に借り入れがあるかなどがあります。
これらの中で審査でまず最初にチェックされるのが年収と借り入れ件数です。
これは法律で年収の3分の1までしか借り入れができないという決まりがあるためです。
そのため、年収をみて限度額が決まり、その次に他社での借り入れがないかの確認がされます。
他社での借り入れがある場合には限度額との差額が借り入れ可能額となります。

他社での借り入れ件数や借り入れ金額がないほうが多く借りられるからと言って嘘の申告をするのはやめましょう。
キャッシング会社に審査を申し込むと信用情報機関というところのデータを確認されます。
この期間にはいつ、どこでいくら借りたか、返済はされているか、といったことが登録されています。
そのため、他社での借り入れがないと書いても絶対にばれてしまうのです。
嘘を書くことで審査の際に悪い心象を与えてしまうので絶対にやめましょう。

もちろん、他の項目もきちんと見られます。
年齢は若く、正社員のほうが有利です。
これは年配になるほど職を失った時に再就職が難しいこと、貯蓄がないことで評価が下がります。
また、年収の差があってもアルバイトよりも正社員の方が有利です。
収入は低くても勤続年数が長いほうが有利です。

自宅形態は持家が最も高く、次は賃貸でも居住年数が長い場合です。
結婚は未婚、結婚しているが子供がいない、という順に有利です。
これらの情報ももちろん、調べればきちんと正しい情報がわかります。
最も大切なことはきちんと正しい情報を記入して提出することです。

Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.