審査期間

キャッシングに関する審査期間

キャッシングを利用するときには審査を受けなければなりません。
審査というと店舗に出向きその店舗の責任者に書類を見せたり話をしたりというものを想像する人も多いでしょう。
しかし、最近はこのような堅苦しい形式の審査を行うところは滅多にありません。
早ければその日のうちに審査も終わりますしそんなに待ち時間もながくありません。
では、実際に審査はどのようなことを行いどれくらいの時間がかかるものなのでしょう。

まず、キャッシングを利用できるか、また最高限度額がいくらになるかを決めるのが審査の時間に行われることです。
この審査を行う時に見られるのは年収です。
審査の時に提出する書類には年収以外にもたくさんのことを記載します。
家の種類が持家か賃貸かと居住年数、勤続年数、雇用形態、家族構成、様々なことが必要です。
しかし、利用可能できるかとか限度額と言う基本的な部分は年収のみで決まります。

年収の確認を収入証明でしたあとは信用情報機関での確認作業が行われます。
まず、年収の確認ですが、借り入れは年収の3分の1までしかできないと法律で決められています。
そのため、他社での借り入れがある場合はそれも借り入れ金の一部として計算しなければなりません。
この他社での借り入れ金の有無を確認するのが信用情報機関です。
ここで、借り入れの有無、ある場合はいくらかを確認します。
その後、借り入れがある場合はその金額が年収の3分の1を超えていないか確認します。
超えていない場合は、年収の3分の1までの金額が借り入れできるのです。

これを調べる時間が審査にかかる時間です。
一般的には消費者金融系のほうが銀行系より審査時間が短いと言われています。
早いところだと数分で確認がとれ、審査が終わります。
長いところだと電話での職場の在籍確認があったりすることもあるため翌日まで持ち越す場合もあります。
そのため、借り入れ先によっては当日に審査が終わらず借り入れができない場合もあります。
急な出費でキャッシングを利用することが一般的ではありますが、少し時間に余裕を持っておく方が良いと言えます。

Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.