審査期間

キャッシングの審査で重要なもの

キャッシングを利用したいと思ったら、少しの準備が必要です。
まずはどこからキャッシングの借り入れするかの比較検討があります。
これは自分の状況に応じてキャッシングを選べばよいでしょう。
次に、どこで借り入れをするにしても審査を受けなければなりません。
その審査を受けるには提出書類がいくつかあります。

審査の際に提出する書類はほとんどの金融会社で同じです。
まず絶対に必要なのが身分証明書です。
これは本人確認が必要なために提出します。
運転免許証や健康保険証、パスポートが挙げられます。

店舗での申し込みや無人契約機での申し込みだとその場でコピーを提出します。
インターネット申し込みの場合には本人確認書類はコピーを郵送やファックスをして後ほど提出します。
そのため、店舗や契約機での申し込みだとその場でカードが発行されますがインターネットだと翌日以降の発行になってしまいます。
急ぎの借り入れですぐにカードが必要な場合にはインターネットではなく来店申込みの方が良いでしょう。

次に収入証明書です。
ただ、これは50万円を超える借り入れや他社との借入総額が100万円を超えるときに必要な書類です。
そのため、これに当てはまらない場合は基本的には提出は不要です。
最近は50万円以下の借り入れや他社の借り入れがない場合にも提出を求める会社もあります。
提出を求められた場合には提出するようにしましょう。

収入証明書の提出をするように言われた場合には次のいずれかの書類を提出しましょう。
数か月以内の給与明細、源泉徴収票、個人事業主の人は確定申告書、このどれかの書類です。
場合によっては給与明細ではなく源泉徴収票の提出を求められることもあります。

万が一手元になかった場合には、会社に申し出れば再発行をしてもらえます。
ただし、会社によって発行までにかかる時間が異なります。
最短でも翌日、長ければ1か月ほど時間がかかると考えておいた方が良いでしょう。
急な借り入れの時に困らないようきちんと手元に保管しておくこと、手元になければ審査の前に用意しておくとスムーズでしょう。

Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.