審査期間

キャッシング利用中の死亡に関して

滅多にないことですが、キャッシングを利用中に死亡した場合借り入れはどのようになるのでしょう。
自分がなることはないだろうからそんなこと知らなくても大丈夫と思う人もいるかもしれません。
しかし、自分の身内が亡くなってその人に借り入れがあることが死後発覚した、などと言う場合もあります。
そのような場合、突然キャッシングの借金を背負うことになるのでしょうか。
これは、自分が亡くなった時や、家族が亡くなった時に適切な対応ができるよう、事前に知っておく必要がある内容です。

もちろん、このような時にはまずはじめにキャッシングをしている会社に問い合わせることが大切です。
なぜなら会社によって対応がことなるためです。
一般的には大きな企業であれば消費者信用団体生命保険というものに加入しています。
また、会社独自の保険サービスもあるのです。
多くの人が借り入れの際に消費者信用団体生命保険への加入書類も書いています。
これは、万が一借り入れをして返済中に死亡した場合には返済は消費者信用団体がしてくれると言うものです。
これに加入しておけば家族に返済が引き継がれないと言うことです。
消費者信用団体生命保険に加入していなくても会社独自の保険で同じサービスを受けられるところもあります。

では、もし逆にこのような生命保険に加入していないところからお金を借りていた場合はどうなるのでしょう。
それは、遺族に返済が引き継がれます。
遺産の相続というとお金を分配するイメージがあります。
しかし、これは財産の整理だけでなく借り入れの整理もします。
貯金や持家といった資産を相続するならば借り入れも相続しなければなりません。
もちろん、遺産を放棄すれば借り入れも放棄することができます。

このように保険に加入しているかどうかで死亡後の対応が会社によって異なるのです。
そのため、事前に借り入れ先がどのようなシステムになっているか知る必要があります。
保険に加入していない場合には多少の手数料がかかたとしても借り入れ先を変えることも考えてみましょう。

Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.