審査期間

店頭とインターネットでのキャッシング申し込み

キャッシングでお金を借りたい思った時に『お金を借りるところを人に見られたくない』と思う人も多いものです。
そのような声から無人契約機で借りたりインターネットで借りることができるようになりました。
このように複数の申し込み方法がありますが、キャッシングの審査に有利不利や他にも違いはあるのでしょうか。

まず、申し込みの際には名前や住所、年収などといった個人情報に答える必要があります。
インターネットで申し込みをするときにはそういったものは入力フォームに入力して提出します。
店頭申込みであればこれを書いて提出します。
どちらも個人情報を提出後は審査が終わるまで待つことになります。
店頭や契約機での申し込みの場合は審査が終わるまでその場で待たなければなりません。
しかし、インターネット申込みであれば審査が終わり次第携帯電話に連絡が来ます。
そのため、待ち時間もじっとその場で待つ必要がありません。

さらに、万が一審査に落ちてしまった場合には他の業者を探さなければなりません。
そのような時、インターネット申し込みならばすぐにインターネットで次を探すことができます。
来店申込みの場合はほかの店舗を携帯で探して出向くことになりますから時間もかかりますし、不便です。
また、インターネット申込みであれば24時間どこからでも審査が受けられます。
忙しくてなかなか店舗に行けない人でもキャッシングを利用できます。

もちろん、店頭での借り入れにもメリットもあります。
それは、直接説明を聞くことでしっかり内容を理解して借りられることです。
利息や返済シミュレーションを理解したうえで契約できますから安心して無理のない範囲で借りられます。

どちらの方法で借りても審査に関わる内容は年収がメインです。
年収に応じて借り入れできる金額が決められるのでどちらの借り方が有利とかということはありません。
急な場合や店頭に行く時間が取れない場合にはインターネット、説明を直接聞きたい時には店舗へ出向く、状況に応じて自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.