審査期間

車利用でキャッシング

急にまとまったお金を用意しなければならない時、車を担保にしてキャッシングを利用するという方法もあります。
この方法は申込者が車を担保としてお金を借りるため、貸す側も万が一お金が返ってこなくても損をすることがありません。
もちろん法律に基づいて行われてるものなので合法なキャッシングサービスです。
では、その仕組みはどのようになっているのでしょう。

車でキャッシングをするときには自己所有の自動車を担保に預けてお金を借ります。
この時に返済ができなかった時のために名義変更書類等も作成します。
自動車担保のキャッシングは中古車業者が自社の車を担保にお金を借りたことがルーツのようです。
そのため、車を利用した金融業者は中古車業を行っていたり関連業者であったりします。
金融業者は中古車業者や関係者がすぐ近くにいるので車の市場価格、商品価値が正確に把握でき損がでないよう融資金額が決められるのです。

たとえば、市場価格が100万円の自動車を担保にお金を借りるとしたら、実際に借り入れできる金額はどのくらいなのでしょう。
このような場合にはだいたい50万円ほどが借り入れできます。
もちろん、車種や乗車年数などによって価格は変化がありますが市場価格と同じ金額は借りられないのが一般的です。
こうしておけば万が一契約者が返済できなかった場合にはかなりの利益が上がります。
実は返済されるよりも返済されなかった方が利益が出るのが車でのキャッシングの特徴です。
車を押収した際の利益はかなり大きな金額になるため普通の金融業者の金利よりもとても高いものになります。
法外な高金利でお金を貸した場合は違法ですが、このキャッシングでは法外な利益が合法で得られるのです。

この借り方をするときには事前にきちんと借り入れ条件を確認しましょう。
業者によって仕組みが大きく異なります。
預けている間に駐車場代がとられたり、様々な利息が付く場合もあります。
業者によってはかなり多額の利息を取られた上に車も取られる場合もあるので気を付けましょう。

Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.