審査期間

キャッシング利用に関する条件

お金を借りようと思えば誰でも借りることはできます。
特に以前は誰でもいくらでも借りることができていました。
しかし、自己破産や債務整理をする人が増えたため法律で規制がされるようになりました。
そこで、借りるにあたってはいくつか条件ができているので知っておく必要があります。

まず、2010年に完全施行された改正貸金業法をの内容を知らなくてはなりません。
この法律によって『総量規制』というルールが作られています。
この総量規制によってキャッシング業者は借り手の年収の3分の1以上は貸してはいけないようになりました。
そのため、収入がない専業主婦は基本的にはキャッシングが利用できなくなりました。
ただし、例外が二つだけあります。

まずは『配偶者貸し付け』という方法です。
これは、配偶者の同意書と結婚していることを証明する書類の提出で夫婦の収入の3分の1まで借り入れができます。
これを使えば専業主婦でも夫の収入の3分の1まで借り入れができるようになります。
ただ、これは書類の確認の手間がかかるため信販会社や消費者金融はこのサービスを止めたところがほとんどです。
そのため、必ず借りれるわけではありません。

もう一つが銀行のカードローンを利用する方法です。
銀行が発行するカードローンは総量規制の対象外です。
そのため、主婦でも借り入れができます。
ただし、銀行系キャッシングと言って銀行と消費者金融とが提携して行っているサービスがあります。
これは総量規制の対象なので借り入れができないので注意が必要です。

カードローンでの借り入れをするにあたって家族に言わずにするのは極力避けましょう。
万が一支払いが滞ってしまった場合には家族が支払うことになります。
このようなトラブルが多発してできたのが総量規制です。
カードローンでお金を借りるのは家族に知られたくない事情があることでしょう。
そして、ATMで無人で借りられるようになったため昔よりもキャッシングでお金を借りやすくなりました。
だからこそ、ズルズルと借り続けないよう計画的に返すことができる金額しか借りないようしっかり気を付けて利用しましょう。


Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.