審査期間

キャッシングに関する返済期間

キャッシングでの借り入れをするとその翌月から返済が始まります。
キャッシングの返済方法は様々で全額一括返済であれば翌月に借り入れた金額と利息を払えば完済になります。
しかし、実際のキャッシング利用者の返済方法はこのような一括返済ではなく分割返済を選ぶ人の方が多いです。
この分割返済をする場合はどのくらいの期間返済を続けるものなのでしょうか。

分割返済にもいくつか種類があります。
回数指定して返済する方法の場合には自分で返済回数を指定します。
そのため10回と決めれば10か月間支払いを続けると言うことになります。

この期間返済するのは借り入れ金額を返済期間で割った金額に利息を合わせた金額になります。
もちろん払い続ける期間が長くなればその分払う利息も増えます。
しかし、無理に返済期間を短くするよりは無理のない範囲で返済できる金額と回数にする方が望ましいです。
無理な返済をしようとすると返済日にそのお金を用意するために新たな借り入れをすることになりかねません。

それよりは、まとまったお金ができたときに部分的に一括返済を利用するほうが効率よく返済できます。
ボーナスのような臨時収入があったりお金に余裕のある月には月々の返済とプラスして返済ができる場合があります。
この場合、増額して返済することによって返済期間を短くすることができるのです。
もちろん、返済期間が短くなるので利息も当初の予定よりも短くできます。
無理なく返済しつつ、増額できる時に増額する方が計画的な返済といえるでしょう。

リボルディング払いは月の支払上限額を決めてその範囲内で返済をしていきます。
そのため無理なく返済ができますが、返済期間が長くなりがちです。
そして、リボルディング払いを選ぶと先ほどのような一括返済ができない場合もあります。

返済期間によっては無利息で借り入れができる場合もあります。
これは、最近新しくできたサービスでいくつかの消費者金融が行っています。
借り入れ期間が30日以内なら無利息、など会社によってサービスは異なります。
ボーナス支給日など一括返済の目途が立つ場合にはこれを利用するのも有効です。

借り入れをするときにいくら借り入れてどのくらいの期間で返済するかを考えて借り入れしましょう。
その時に返済シミュレーションをしっかり立てておけば無利息プランが利用できたり少ない利息で返済できたりするのです。

Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.