審査期間

キャッシングに関する限度額

キャッシングを申し込む審査があり、そこで融資の限度額が決まります。
そのため、キャッシングで借りたいと思っている金額によっては限度額に達してしまいすべては借りれないこともあります。
逆に借りたいと思っている金額以上に限度額が設けられることもあります。
この限度額はもちろん人によって異なります。
では、どうやって限度額は決められるのでしょうか。

審査の時に書く内容として家族構成や年収、勤続年数や雇用形態、保険種別、居住年数と持家かどうかなどがあります。
この中で最も審査に影響するのが年収です。
今は法律の規制によって年収の3分の1までしかお金を借りることができません。
2010年に改正された貸金業法の中に総量規制というものがあります。

これは、キャッシング業者が借り手に年収の3分の1までしか貸してはならないという規制です。
複数のところで借り入れがあった場合には他社のものと合わせた金額が年収の3分の1でなければなりません。
そのため、自分の希望する金額が借り入れられないこともあります。
このような規制があるために、持家であろうと勤続年数が長くとも借り入れは年収の3分の1までしかお金が借りれないのです。

年収で限度額を決めるのに他にいろいろな項目を書かなければならないのはなぜでしょうか。
それは、その人をどれだけ信用できるかを判断する材料になります。
あまりにも勤続年数が短かったり雇用形態が正社員でなかった場合にはあまり信用できないということです。
勤続年数が短いと言うのは転職を繰り返している、同じ仕事が続けられないとみなされます。

また、給与がどれだけ高くても正社員でなければ信頼度は下がってしまいます。
保険についても国民健康保険よりも社会保険に加入している方が有利と言われています。
これらの項目は記入後信用情報機関と言うところで調べて確認がされます。
そのため、嘘を書いてもばれてしまいます。
嘘を書くと信用度がさらに下がってしまいますから正直に申告するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.