審査期間

ブラックリストが齎すキャッシングへの影響

ブラックリストというとお金を返さないとそこに名前が載る、という漠然とした知識を持っている人がほとんどでしょう。
では、キャッシングのブラックリストとはどのような役割を果たし、機関が管理しどれくらいの間記録が残るものなのでしょうか。

まず、顧客の借り入れ情報は全て信用情報機関と言う所で登録・管理されています。
この信用情報機関が管理しているデータの中で返済遅延や返済不可能といった記録のある人のリストのことをブラックリストと呼んでいます。
ブラックリストというものがあるというよりは、すべての顧客情報データの一部がブラックリストであるといえます。

ブラックリストに登録されてしまうと一定期間お金を借りたりクレジットカードを作ったりすることが難しくなります。
キャッシングの審査をするときやクレジットカード作成の審査をするときに信用情報機関のデータを確認するためです。
もちろん、絶対に作れないわけではありません。
あくまでも審査に不利になると言うだけです。

ブラックリストに記録が残る期間は内容によって異なります。
自己破産の場合は7年から10年ほど、返済遅延は1年から5年ほどです。
この期間に返済遅延等なければ期間が延長されることはありません。

ブラックリストに名前があるとキャッシングが利用できないこともあるのはなぜでしょうか。
それは、私たちが人に物を貸すときと同じです。
きちんと期限を守って返してくれる人には貸そうと思いますが、遅れて返したり返してくれないような人には貸したいと思いません。
同じことが金融機関でも言えます。

金融機関も今までにきちんとお金を返している人にお金を貸したいものです。
貸したお金がきちんと返済されなければ督促の連絡をしなければならず手間がかかります。
さらに、残念ながら世の中には借りたお金を返す意思がない人もいます。
そのような人たちをきちんと見極めてお金を貸さなければ金融機関も潰れてしまいます。
そこで、信用情報機関と言う場所を作り、お金に関する情報を一元管理しているのです。
他社での借り入れについても情報共有することで金融機関が適切な人に適切な額のお金を貸せるのです。

Copyright(C) 2013 お金を借りる時に必要になる大事な知識 All Rights Reserved.